楽天でお得に買い物!>> セール会場はこちら

【最新2022】ディズニーランドへお得に入園!特別パス・割引・クーポンまとめ

ディズニーのワンデーパスポート4枚

2022年6月最新情報でディズニーランドへお得に入園する方法をまとめました。

ディズニーリゾートのワンデーパスポートが安くなる特別パス・割引・クーポンなどを詳しく解説していきます。

目次

【2022年6月】 ディズニーランドの通常料金

ディズニーランドは夢の国。

大人も子供もたくさん楽しんで、たくさん思い出を作れる場所ですよね。

とはいえ、料金はここ数年上昇し続けています。

この記事では、少しでもお得にディズニーリゾートを楽しめる方法を集めました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

まずは、現在販売されている4つのパスポートをそれぞれ紹介します。

現在販売中のチケット
  1. 1デーパスポート
  2. 入園時間指定パスポート(午前10時半~)
  3. 入園時間指定パスポート(正午~)
  4. 障害のある方向け 1デーパスポート

①1デーパスポート

1デーパスポートは、一日通して遊ぶことができるチケットです。

購入時に、日付と、ディズニーランドかディズニーシーを選びましょう。

基本的に開園時間は9時~21時となっています。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
7,900円~9,400円
中人
(中学生・高校生)
6,600円~7,800円
小人
(4歳~小学生)
4,700円~5,600円

ちなみに、ディズニーでは、現在、日によってチケット一枚当たりの価格が変わる「変動価格制」を導入しています。

価格変動制とは、土曜・日曜・祝日など、混雑が予想される日ほど価格が高くなる仕組みです。

逆に言えば、長期休み期間を除く通常の平日がチケットを一番安く購入できるのです。

②入園時間指定パスポート(午前10時半~)

こちらは午前10時半以降から遊べるパスポートです。

日付とパークを選びます。

ワンデーパスポートより価格は低くなりますが、開園と同時に入園することはできません。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
7,400円~8,900円
中人
(中学生・高校生)
6,200円~7,400円
小人
(4歳~小学生)
4,400円~5,300円

③入園時間指定パスポート(正午~)

こちらは正午以降に入園が可能なパスポート。

10時半からの時間指定チケットよりさらに安くなりますが、入園者がピークの時間帯から遊ぶこととなります。

しかし、事前にスケジュールを決めておくなどの工夫で、十分にディズニーを楽しむことが可能です。

こちらも日付とパークを選んで購入します。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
6,900円~8,400円
中人
(中学生・高校生)
5,800円~7,000円
小人
(4歳~小学生)
4,100円~5,000円

④障害のある方向け 1デーパスポート

特定の証明書を持っている方、その同伴者の方(一名に限る)が購入できるチケットです。

日付とパークを選んで購入します。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
6,500円~7,400円
中人
(中学生・高校生)
5,300円~6,200円
小人
(4歳~小学生)
3,800円~4,400円

入園時間指定パスと通常パスを比較してみた

電卓と計算用紙

入園時間指定パスと通常パスどっちを買うか悩む方も多いと思います。

そこで以下では、入園時間指定パスはどれくらい安いのか、時間単価にするとどっちがお得なのかを分析してみました。

入園時間指定パスは通常パスよりどれくらい安い?

大人用のパスポート繁忙期である最もパスポート金額が高い日で比較をしてみたいと思います。

対象者最高値金額
通常パス9,400円
入園時間指定パス
(午前10時半~)
8,900円
(-500円)
入園時間指定パス
(正午~)
8,400円
(-1,000円)

時間指定パスは、それぞれ通常パスより500円または1,000円安いことがわかります。

入園時間指定パスと通常パスで割安なのはどっち?

また、今度は時間単価で見てみましょう(開園時間が9~21時の場合)。

通常のワンデーパスポートは大人1人・1時間あたり約783円、10時半から入園パスポートで約847円、正午入園だと933円(すべて税込)となります。

対象者時間単価
通常パス約783円
最もお得!
入園時間指定パス
(午前10時半~)
約847円
入園時間指定パス
(正午~)
約933円

時間単価で考えると、実はワンデーパスポートが一番お得ということが分かります。

ディズニーランドでは、予想以上にあっとういう間に時間が過ぎます。

せっかく夢の国に行くのであれば、9時から入園してたっぷり遊ぶのがおすすめですよ。

ディズニーランドへお得に入園する方法【特別パス・割引・クーポン】

近年、コロナ禍の影響でディズニーのチケット内容も大きく変わりました。

今あるパスポートやクーポンを使ってお得に入園する方法をお伝えします。

お得に入園する方法
  1. アーリーエントリーチケット
  2. 複数日来園パスポート
  3. キッズサマーファン!パスポート
  4. スクールスペシャルパスポート

①アーリーエントリーチケット(チケット付き宿泊プラン)

ディズニーホテルに泊まった方限定で、ディズニーランド開園1時間前から入園できるチケットがあります(シーは対象外)。

対象のホテル一覧
  • 東京ディズニーランドホテル
  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • 東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル

>>ディズニーリゾートホテルのお得なクーポンはこちら

こちらのチケットを購入する場合には、東京ディズニーランドの1デーパスポートが別途必要となるので注意しましょう。

価格は年齢に関わらず3,000円(税込み・3歳未満は無料)です。

通常よりもゲストが少ないためスムーズに入園できる、人気のアトラクションを早く体験できるなどのメリットがあります。

②複数日来園パスポート

期間限定で、月2回の来園(期間中計6回)が可能になるパスポートです。

2022年5月~7月が対象、価格は44,400円(税込み)となります。

最大6日入園できるので、一回あたりの金額は7,400円(税込み)。

大人と中人であれば、ワンデーパスポートよりも安く入園できますよ。

対象者1回の料金通常料金
大人
(18歳以上)
7,400円9,400円
中人
(中学生・高校生)
7,400円7,800円
小人
(4歳~小学生)
7,400円5,600円

2022年6月中旬現在、購入申し込み受け付けは終了(パスポートの利用期間は継続中)しているため、未購入の場合は次回の実施に期待しましょう。

③キッズサマーファン!パスポート

2022年6月下旬から8月31日(水)までの期間限定のパスポートです。

>>東京ディズニーリゾート・キッズサマーファン!キャンペーン

4歳~小学生の子どもを対象とし、通常入園料の半額でディズニーを楽しめます。

(※3歳以下はもともとチケット不要)

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーどちらも対象となっています。

種類対象者1回の入園料
キッズサマーファン
1デーパスポート
小人
(4歳~小学生)
2,350~2,800円
キッズサマーファン
入園時間指定パスポート
(午前10時半~)
小人
(4歳~小学生)
2,200円~2,650円

6月16日以降に詳細発表、6月下旬より販売開始が予定されています。

期間中の小人対象通常チケットを持っている時は、ディズニーeチケットならオンライン上でキッズサマーファン!パスポートと交換可能。

ディズニーeチケット以外は指定の入園日当日に限り、窓口でキッズサマーファン!パスポートが購入可能ですが、ディズニーの窓口では返金対応はしていません。

また、希望日のキッズサマーファン!チケットが売り切れている場合は交換できないため、早めに確認しておきましょう。

④スクールスペシャルパスポート

スクールスペシャルパスポートは、遠足や修学旅行などでディズニーを利用する場合に適用されるパスポートです。

同日・同一パーク購入のみ適応されます。

大学生や専門学生の場合は学校長や学部長の承認を得れば学生のみでの入園もOK。

団体価格になるので一人当たりのチケット金額はだいぶ安くなります。

旅行会社からの申し込み(申請書等の提出あり)となるので、まずは旅行会社に尋ねてみましょう。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
5,300円
中人
(中学生・高校生)
4,500円
小人
(4歳~小学生)
3,200円

⑤ディズニーコーポレートプログラム

ディズニーコーポレートプログラム」は、企業の福利厚生によりお得にディズニーリゾートを利用できるプログラムです。

対象企業では「コーポレートプログラム利用券」を従業員へ配布しています。

利用券は、パークチケット購入時や宿泊料金支払い時、一部ディズニーストアで使うことができますよ。

チケット料金や宿泊料金の一部を企業または団体側で負担しているという仕組みです。

現在休止となっているお得なパス等

caution

活用したらお得であるパスポートのうち、現在は購入できないパスポートもあります。

現在休止中のお得なパス
  1. スターライトパスポート
  2. シニアパスポート
  3. アフター6パスポート
  4. 2デーパスポート
  5. 3デーマジックパスポート・4マジックデーパスポート
  6. キャンパスデーパスポート
  7. ウィークデーパスポート
  8. 夏5ウィークデーパスポート
  9. ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポート
  10. 年間パスポート

多くがコロナの影響で休止・再開の見込みなしのチケットです。

※記載の価格は過去のものであり、チケット販売再開時に同価格で販売されるとは限りませんのでご注意ください。

①スターライトパスポート

スターライトパスポートは、午後3時以降に入園できるチケットです。

販売時の価格の目安は以下の通りです。

対象者1回の料金(税込)
大人
(18歳以上)
6,000円
中人
(中学生・高校生)
5,100円
小人
(4歳~小学生)
3,600円

ファストパス獲得にはほぼ間に合わないなどのデメリットもありますが、滞在時間が短い分、疲れも少なくなるので余裕をもって楽しめます。

②シニアパスポート

65歳以上の方が購入できる「シニアパスポート」も販売していましたが、コロナの影響で休止中です。

過去の販売時は7,600円(税込み)にて購入できていたようです。

ランドまたはシーにて一日遊べるチケットです。

③アフター6パスポート

平日の夕方6時以降に入園できるパスポートがこちら。価格は小人~大人まで一律4,700円(税込み)でした。

アフター6対象外の日もあったようです。チケットが再開した際には運営カレンダーを確認の上購入しましょう。

④2デーパスポート

ディズニーリゾートを2日間にわたって楽しめるパスポートですが、2020年7月から販売を休止しています。

販売時の価格は次の通りです。

対象者1回の料金
大人
(18歳以上)
14,800円
中人
(中学生・高校生)
12,600円
小人
(4歳~小学生)
8,800円
※すべて税込

3デー(4デー)マジックパスポートとの違いは、3日目以降、同日にランドとシーを行き来できるかどうかという点になります。

2デーパスポートの場合、1日目がランド・2日目がシーという楽しみ方は可能です!

⑤3デーマジックパスポート・4マジックデーパスポート

3日間、4日間にわたってディズニーを楽しめるチケットです。

「3デーマジックパスポート」は3日目のみ、「4マジックデーパスポート」は3日目と4日目に、ランドとシーの行き来が可能になります。

販売時の価格は次の通りです。

3デーマジックパスポート

対象者1回の料金
大人
(18歳以上)
19,800円
中人
(中学生・高校生)
16,600円
小人
(4歳~小学生)
11,800円
※すべて税込

4デーマジックパスポート

対象者1回の料金
大人
(18歳以上)
24,800円
中人
(中学生・高校生)
21,000円
小人
(4歳~小学生)
14,800円
※すべて税込

上記2種のパスポートは、2デーパスポートと合わせて「マルチデーパスポート」と呼ばれています。

⑥キャンパスデーパスポート

1~3月の期間限定で、学生のみがお得に購入できたチケットが「春のキャンパスデーパスポート」です。

「春キャン」の名称でご存じの方も多いのではないでしょうか。

春キャンのシーズンには、限定アトラクションなどの大々的なキャンペーンもありました。

2021年以降の販売はなく、2020年に販売時の価格は次の通りです。

対象者1回の料金
大人
(大学生・大学院生・
短大生・専門学生)
6,900円
中人
(中学生・高校生)
5,900円
※すべて税込

⑦ウィークデーパスポート

「ウィークデーパスポート」は、首都圏・静岡を対象としたパスポートです。

該当都県は、東京・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県・静岡県。

上記エリアに在住(在勤・在学も可、購入時に証明書を求められる場合もあり)の方のみ購入が可能でした。

ウィークデーの名称の通り、平日のみ使えるパスポートです。

販売時の価格は次の通りとなります。

対象者1回の料金
大人
(18歳以上)
6,400円
中人
(中学生・高校生)
5,500円
小人
(4歳~小学生)
4,800円
※すべて税込

⑧夏5ウィークデーパスポート

こちらは、平日にランドかシーを選んで17時以降に入園できるパスポートです。

対象期間は2019年7月16日~9月6日で、大人~小人まで一律4,400円(税込み)という内容でした。

「夏5ウィークデーパスポート」販売中はアフター6のチケットの販売がなく、日が長い夏の夕方からお得にディズニーを楽しめるチケットとなっていました。

⑨ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポート

「ファンダフル・ディズニー」とは、ディズニー公式ファンクラブの名称です。

ファンダフル・ディズニーの特典の一つに、1デーパスポートの割引がありました。

しかし、2022年2月以降、この特典は休止されています。

休止前の価格は次の通りです。

対象者1回の料金
大人
(18歳以上)
7,600円
中人
(中学生・高校生)
6,400円
小人
(4歳~小学生)
4,500円
※すべて税込

いずれも通常料金から400~600円の値引きを受けられ、土日祝日も割引適応が可能でした。

ファンクラブ会員にとって嬉しい特典だったため、残念だという声が多く見られます。

⑩年間パスポート

ディズニーの年間パスポートは、2021年5月をもって現在まで休止されています。

販売再開未定・当面の間再開の予定はないと公式サイトでも発表されました。

販売時には、

  • 2パーク年間パスポート
  • 東京ディズニーランド年間パスポート
  • 東京ディズニーシー年間パスポート

の3種類がありました。

それぞれの販売価格は次の通りです。

2パーク年間パスポート

対象一回の料金
大人
(18歳以上)
99,000円
中人
(中学生・高校生)
99,000円
小人
(4歳~小学生)
57,000円
※すべて税込

東京ディズニーランド 年間パスポート

対象一回の料金
大人
(18歳以上)
68,000円
中人
(中学生・高校生)
68,000円
小人
(4歳~小学生)
40,000円
※すべて税込

東京ディズニーシー 年間パスポート

対象一回の料金
大人
(18歳以上)
68,000円
中人
(中学生・高校生)
68,000円
小人
(4歳~小学生)
40,000円
※すべて税込

年パスが作成可能だったのはランドのイーストゲート・レセプションとイクスピアリ内のチケットセンターのみ。

オンラインで作ることはできませんでした。

また、年パス作成用のシート記入や身分証明書の提示、顔写真の撮影などが必要でした。

毎年変わる年パスのデザインを楽しみにしていたファンも多く、再開を願う声も少なくありません。

ディズニーホテルの宿泊プランもおすすめ

ディズニーで遊んだ後はディズニーホテルに泊まるのが楽しみ・憧れという方も多いのではないでしょうか。

ディズニーホテルには様々なコンセプトや価格帯のホテルがあります。

また、お得にディズニーを楽しめる宿泊プラン「バケーションパッケージ」も用意されています。

宿泊プラン(バケーションパッケージ)特典

バケーションパッケージとは、ホテルへの宿泊とパークチケットがセットになった宿泊プランのことです。

バケーションパッケージの特典

バケーションパッケージでは、次のような特典を受けることができます。

バケーションパッケージ特典
  • オリジナルグッズがもらえる
  • アトラクションの体験時間を事前に指定可能
  • フリードリンク券などの割引券
  • 記念写真撮影
  • キャラクターグリーティング

バケーションパッケージ・プラン例

バケーションパッケージの例を見てみましょう。

お子様と2つのパークを
目いっぱい楽しむ2DAYS

ディズニーホテル宿泊、選べるキャラクターグリーティング、選べるショー鑑賞などを楽しめるプラン。

1日2日で家族の思い出をたっぷり作れます。

ホテルは、今年新設された「トイ・ストーリーホテル」も選択可能です。

夏限定 アトラクションも
キャラクターグリーティングも楽しむ2DAYS

2つのパークで使えるアトラクション利用券・ショーの鑑賞券・キャラクターグリーティング利用券が特典としてついてくるプラン。

ランドのトゥモローランド・ホールにてミッキー&ミニーとの記念撮影も楽しめます。

ミッキーとミニーの夏らしさを感じるコスチュームにも注目です。

株主優待でディズニーランドのパスがもらえる?

gift-box

オリエンタルランドの株主になると優待が受けられ、保有株式の数によって株主用パスポートがもらえます。

現在、株主優待では「ディズニーランドまたはディズニーシーどちらかで利用可能なワンデーパスポート配布」を受けられます。

オリエンタルランドの株主優待
  • 100株以上で年1回、1枚
  • 400株以上で年2回、1枚ずつ(年間計2枚)
  • 800株以上で年2回、2枚ずつ(年間計4枚)

さらに所持数によってチケットの配布数は増えていき、最大で年間12枚受け取ることが可能です。

株主用パスポートの有効期限は1年間となっています。

現在、株主用パスポートでの入園は抽選制で、有効期限も延長されません。

入園予定日の前月(または前々月)の1日10:00~7日の23:59まで申し込み可能なので、株主優待を受ける際にはあらかじめスケジュールを確認しておくことをおすすめします。

ディズニーランドは値上がり傾向

近年のパスポート改変や値上げによってディズニーに行くのをためらっている方も多いのではないでしょうか。

2021年10月の値上げによってますます夢の国が遠くなってしまったという思いがあるのは事実。

繁忙期の1デーパスポート金額を比較するとその差がよくわかります。

対象者2021年10月
~現在
2021年9月
大人
(18歳以上)
9,400円8,700円
中人
(中学生・高校生)
7,800円7,300円
小人
(4歳~小学生)
5,600円5,200円
※すべて税込

しかし、今後もパスポート料金が値上げされる可能性はあります。

そこで、今回ご紹介したお得なパスポートやプランを活用して、ディズニーの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

トレンド商品をチェック!

今流行のトレンド商品はどこで買えるのか、それぞれの商品をぜひチェックしてみてください。

目次
閉じる