お得に買い物をする>> セール会場はこちら

ポイ活でクレジットカードを作りすぎるとヤバイ理由

ポイ活でクレジットカードを作りすぎるとヤバイ理由

ポイ活で簡単にポイントが稼げることで人気のクレジットカード作成案件。

しかし、クレジットカード案件には落とし穴も。

今回は、ポイ活でクレジットカードを作りすぎるとヤバイ理由について解説していきます。

目次

ポイ活でクレジットカードを作りすぎるとヤバい理由

caution

ポイ活のクレジットカード作成は大量ポイントゲットのチャンスです。

しかし、ポイント獲得木亭でクレジットカードを量産すると、マズイ状況になることも。

以下では、ポイ活でクレジットカードを作りすぎるとヤバイ理由7つを解説していきます。

クレジットカードを作りすぎるとヤバイ理由
  1. 申込みブラックになる
  2. 信用回復には時間がかかる
  3. 出費(口座)管理が大変になる
  4. アカウントやパスワードの管理が大変になる
  5. クレジット契約期間も信用の基準になる
  6. 年会費が思わぬ出費になる
  7. メインのカード枠を増額できない

①申し込みブラックになる

クレジットカードの作りすぎは信用機関から「返済能力は大丈夫だろうか?」や「急な出費で大金が必要なのか」と疑われる原因にことも。

このように疑われてしまうと「返済能力なし」や「お金を集めることに必死な状態」と判断され「申込みブラック者」になり、審査に通りにくくなってしまいます。

審査に必要な時間だけを費やし、時間の無駄になってしまうため注意が必要です。

②信用回復には時間がかかる

CIC・JICC・JBAなどの信用情報管理機関では、カード支払いやローン状況などの信用情報が管理されています。

もちろん、クレジットカード申込み履歴も把握されています。

複数の申込み履歴により「申込みブラック」になると、簡単には信用を回復することはできません。

評価は約半年間残ります。

そのため、半年間は審査が通りにくい状態になってしまいます。

ポイント目当てにカードを作りすぎてしまうと、本当に発行したいカードの審査にも通らなくなってしまうため、注意が必要です。

③出費(口座)管理が大変になる

作ったクレジットカードでつぎつぎに支払いをすると、どのカードでいくら使用したのか把握しづらくなります。

引き落とし額の把握ができず、口座残高不足で引き落としができないと信用に傷がつくことになります。

④アカウントやパスワードの管理が大変になる

カードを作るときに必要なのが「アカウント」と「パスワード」です。

カードを複数作るとそれぞれのアカウントとパスワードを覚えておくことが大変です。

「1つのアカウントとパスワードを使いまわす」という方もいるでしょうが、アカウントとパスワードを使いまわすのは危険です。

アカウントとパスワードがバレてしまったら、芋づる式に他のカード情報まで抜き取られてしまいます。

⑤クレジット契約期間も信用の基準になる

「クレジットカードを作りすぎるとまずいなら、すぐに解約すればいいじゃないか」と考える方もいるでしょう。

しかし、クレジットカードの契約期間も信用度の評価基準とされ、信用情報機関に残ります。

クレジットカードの契約期間が短いと信用度が下がることは、言うまでも無いでしょう。

「短い期間で何枚もクレジットカードを作り、すぐに解約するブラック者」となり、審査に通りにくくなる一因となります。

⑥年会費が思わぬ出費になる

今や年会費無料のクレジットカードはたくさんあります。

一方で、年会費がかかるクレジットカードだと、年会費の相場は約1,000円前後。

高いものだと3,000円くらいかかるカードもあります。

年会費のかかるクレジットカードをたくさん保有していると年会費が積み重なり、思わぬ出費となることも。

ポイ活でお得にクレジットカードを発行したつもりが、マイナスになる可能性もあるため、注意が必要です。

メインのクレジットカード枠を増額できない

クレジットカード利用枠を増額できるかは「返済能力」が重要な判断基準となります。

毎月きちんとクレジットカードの引き落としができていても、サブのクレジットカードがたくさんある場合、返済能力を疑われてしまいます。

返済能力に不安がある場合は、クレジットカード利用額の枠を増額してもらえません。

ポイ活でクレジットカードを作る際のポイントは?

ポイ活でクレジットカードを作る際には、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

以下にまとめてみました。

クレジットカードの発行ペース

申込みブラックにならないためのクレジットカード発行ペースの定義はありません。

どの会社も発表していないので定かではないです。

しかし申込みブラックにならないためには2か月に1枚程度の発行に抑えておいたほうがよいでしょう。

信用情報機関に信用情報が残るのが半年間なので、半年に1度のペースで発行するのが一番安全な頻度です。

クレジットカード解約までの期間

クレジットカード解約の期間も信用の基準になります。

クレジットカードヒストリーを汚したくはないけど、ポイ活をしている人は新しいカードを発行してポイントを貯めていきたいでしょう。

またカードが増えると管理も大変なので、解約をしたい方が多いと思います。

そこでクレジットカードヒストリーをなるべく汚さないカード解約方法を下記にまとめました。

カード解約におけるポイント
  • 解約優先順位をつける
  • 半年以上は保有する

解約優先順位をつける

まずは保有しているクレジットカードの解約優先順位を付けましょう。一

番に解約すべきクレジットカードは「初年度年会費無料だが翌年から年会費が発生するカード」です

。こういったカードは、2年目が来る前の月に解約手続きをするようにしましょう。

半年以上は保有しよう

信用情報機関に情報が残るのは半年間です。なので、半年間はカードを保有するようにしましょう。

翌年から年会費がかかるクレジットカードは2年目が来る前の月に解約をしたほうがよいですが、忘れてしまいそうな方は半年を超えたら解約をすると覚えておくとよいでしょう。

年会費無料のものは急いで解約する必要はないので、1年以上保有して解約をしていくとよいです。

お小遣い稼ぎ&節約に関する記事一覧

お小遣い稼ぎ&節約に関する以下の記事も、ぜひチェックしてみてください。

目次